2017年度に誕生した「億り人」は331名?国税庁が平成29年分の確定申告状況公表

国税庁

国税庁は25日、平成29年分の確定申告状況の中で、確定申告を行った人のうち、仮想通貨の取引によって1億円以上の収入があったとみられる人が、331人だったことを報告した。

国税庁が、仮想通貨関連の申告結果を集計するのは初めてで、これは2017年の高騰と話題性をうけてのこと。

国税庁の資料によると、2017年における確定申告書の提出人員は約2198万人。平成23年分から28万7千人増加し、ほぼ横ばいで推移している。

このうち、公的年金以外の雑所得の収入が1億円以上あったのは、549人。仮想通貨は会計上は雑所得の扱いとなるためだ。

そしてこの549人のうち、仮想通貨取引による収入が確認できたのが、331人となっている。

国税庁は「仮想通貨の取引による所得はおおむね適正に申告されたのではないか」と締めくくった。

「億り人」は10,000人に1人?

さて、今回の集計結果でわかるとおり、「億り人」と呼ばれる人は非常に少数だ。

ただし、「SNSなどで確認する限り、『億り人』の数はもう少し多いのではないか」と指摘するユーザーもおり、全ての「億り人」が正しく申告したかどうかは定かではない。

では、全体として億り人がどれくらいの割合で存在しているのかというと、まず2018年3月時点で、主な仮想通貨取引所に開設された口座数は350万。

このうち、すべての口座がアクティブに取引していたとして単純に考えると、約1万人に1人という計算になる。

さらに、350万という口座数は、日本人口のわずか3%でしかない。それを考えると、あれだけもてはやされていた「億り人」になるのは、やはり容易ではないと結論づけることができるだろう。

昨年と違い、国内の知名度は成熟した状態にある仮想通貨。2018年も「億り人」は現れるのだろうか。

侍ジャパンと大学野球

野球の世界一を決める4年に一度の祭典「ワールドベースボールクラシック2017」(WBC2017)が3月に開幕する。2月1日に沖縄や宮崎でキャンプをスタートさせたプロ野球各球団から、小久保裕紀監督率いる侍ジャパンに選抜された選手たちが2月下旬に宮崎で強化合宿を行い、これから3度目の世界一に向けて戦いをスタートさせる。

侍ジャパンは、プロ野球選手で構成されるプロのカテゴリーから、U23/21、大学、高校(U18)、中学(U15)、小学(U12)、そして女子までと幅広いカテゴリーからなっている。この中で次のWBCを担うことになるのが、大学ではないだろうか?

スポーツ情報サイトではなかなか大学野球に関する記事はお見受けしない。注目度としてはプロ野球(MLBも含む)と、甲子園のある高校野球に溝を開けられている感がある。

今年も創価大学の156キロ右腕・田中正義や桜美林大学の佐々木千隼に複数の球団が指名するなど、ドラフト会議にはとりわけ大学野球の選手たちへの注目は高まった。大学野球のブログなどでもドラフト候補の選手について詳しく書いたものも見られた。

では、プロに行けるであろう選手以外が多数を占める大学野球の2017年はどのような感じで進むのであろうか?各地区のリーグ戦や全日本大学選手権など4月に入れば各地で大学野球の花が咲く。しかし、多くは語られることなく、いつの間にか大学野球の2017年シーズンも終わってしまうのかと思うと、少し残念でならない。

Save

五郎丸歩ポーズがスーパーラグビー2016でさく裂!?サンウルブズも参戦!ブックメーカーも注目!

Super Rugby Logo

日本ラグビー界に新たな歴史を刻んだラグビーワールドカップイングランド大会での、エディージャパンの歴史的快挙となる3勝は低迷する日本でのラグビー人気の回復とともに、日本のラグビーに対して世界からの視線が多数集まるようになりました。

とりわけその注目を集めたのがワイドショーなどでも見ない日はなかった“ポーズ”でおなじみとなったフルバックの五郎丸歩ではないでしょうか。日本のトップリーグのヤマハ発動機に所属する五郎丸を見ようと、今シーズンのトップリーグには数多くのファンが詰めかけました。

その五郎丸はすでに報じられている通り、今シーズンより世界ラグビーの最高峰であるスーパーラグビー2016のオーストラリアはブリスベンを本拠地とするレッズに加入することになりました。レッズは2011年に優勝したものの、昨シーズン13位と低迷しており、そのチームを再建するにあたり、五郎丸へ白羽の矢が立ったということでしょう。

世界から注目が高まれば、ブックメーカーが黙ってはいない―。スーパーラグビーの優勝オッズなど様々なオッズが各社から発表されています。チーフスやハリケーンズ、クルセイダーズなどが優勝候補に挙がっているようで、五郎丸所属のレッズの評価は昨シーズンの成績もあって高いとは言えません。

とはいえ、五郎丸人気はやはり高いようです。ラグビーの母国・イギリスのブックメーカーであるウィリアムヒルが、五郎丸歩に関するオッズを発表しました。オッズは2種類あり、「五郎丸歩はレッズで3.5トライ以上のトライを奪えるか?」「五郎丸歩の最初のゴールへのキックは成功するか?」というものです。オッズを見ると、3.5トライ以上取れるかどうかは五分五分のようですが、また、最初のゴールキックの成功は、その可能性が高いと見られているようです。

ラグビーオッズ

そのスーパーラグビーは2月26日に開幕し、日本代表チームで結成する「サンウルブズ」も今季から参戦するなど日本のラグビーがさらに世界からの注目を集めることになりそうです。